海外「日本と組めば間違いない!」 英紙『我々には日本がいるからEU離脱後も大丈夫』

トレンド

2020年1月31日にEUを離脱する予定のイギリス。
しかし英議会は離脱条件をまとめた協定案をまだ承認しておらず、
与党は12日の総選挙で過半数議席を獲得してEU離脱を実現したい一方、
野党は国民投票の実施やブレグジットの中止などを掲げています。

国民レベルでも離脱派と残留派で意見の対立は収束していませんが、
イギリス高級紙「デイリー・テレグラフ」は先月30日付の記事で、
「EU離脱は古くからの友人である日本との貿易を促進させる良い機会」
という趣旨の記事を投稿しています。

かつての同盟国で、「理想的なパートナー」である日本と手を組み、
TPPにも参加すれば、EU離脱の影響は小さいという事なのですが、
コメント欄にはこの主張に対して様々な声が寄せられています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

英国「日本は俺達の救世主だ!」 安倍総理の発言がイギリスで大論争を起こす事に

846876468.jpeg
Source: パンドラの憂鬱
海外「日本と組めば間違いない!」 英紙『我々には日本がいるからEU離脱後も大丈夫』

人生の『記念日』を彩る夢のあるスイーツ【アニバーサリーオンラインショップ】