【速報】 絶滅動物サーベルタイガー、驚きの暮らしが判明 ライオンのような「草原のハンター」ではなかった、歯の化石から判明

わんニャンメモ
今日から私も褒められバスト【ルーナナチュラルアップナイトブラ】
1:一般国民 ★2019/08/07(水) 23:49:55.26 ID:CAP_USER.net
絶滅動物サーベルタイガー、驚きの暮らしが判明 ライオンのような「草原のハンター」ではなかった、歯の化石から判明
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/080700463/
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/080700463/?P=2
2019/8/7
NATIONAL GEOGRAPHIC

【科学(学問)ニュース+、記事全文はソースをご覧ください】

(画像)木漏れ日の中、森にすむ草食動物を食べるサーベルタイガー。遠景には、草原でバイソンを追うダイアウルフが見える。(ILLUSTRATION BY MAURICIO ANTÓN)
no title

 1万年ほど前に絶滅したサーベルタイガーの一種スミロドン・ファタリス(Smilodon fatalis)は、現在の米国西部地方に君臨する捕食動物だった。カリフォルニア州にあるラ・ブレア・タールピット(天然アスファルトの池)からは、化石化したスミロドンがこれまでに3000体以上採集されており、これを調査する研究者らは長年の間、スミロドンはライオンのようなタイプのハンターで、広い草原でバイソンやウマを追いかけていたと考えていた。 (参考記事:「新発見、牙のような剣歯の古代草食動物」https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/4003/

 ところが、ラ・ブレアで採集された大量の歯の分析から、体重270キロ、犬歯の長さ18センチにもなるこの猛獣の、通説とは大きく違う姿が明らかになった。

(中略)

 過去の研究では、ラ・ブレアで採集されたサーベルタイガーなど捕食者の骨に見つかるコラーゲン(タンパク質)中の炭素や窒素の同位体の割合を着目したものだった。これらの研究はいずれも、スミロドン、ダイアウルフ、アメリカライオンなどの大型の捕食動物は、草原で狩りをしていた可能性が高いことを示していた。 (参考記事:「研究室 日本に野生のゾウやサイがいた頃」https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/20140710/406998/

■■以下、小見出しなど抜粋。続きはソースをご覧ください。

・生き残るための適応

文=JOHN PICKRELL/訳=北村京子

NATIONAL GEOGRAPHIC
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/

3:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/08/07(水) 23:56:42.74 ID:VCDxv3Bd.net
体型はジャガーに似てるとは言われてたが生態も似てたのかね

13:ニュースソース検討中@自治議論スレ2019/08/08(木) 00:34:52.12 ID:ZJYJPOjL.net
>>3
マンモスを食べてたんだよ

いまので似てるのは、大型ヒグマを食べてる
シベリアタイガーなのね

続きを読む

Source: ねこメモ
【速報】 絶滅動物サーベルタイガー、驚きの暮らしが判明 ライオンのような「草原のハンター」ではなかった、歯の化石から判明