【ニッポンの誉れ】はんだ付け世界大会で日本人選手がパーフェクトスコアで優勝

トレンド
スポンサーリンク

1 : 猪木いっぱい ★ 2019/02/07(木) 00:32:29.98 ID:qHkDz7aZ9.net

電子機器国際標準化団体のIPC Asia Pacificが開催したはんだ付け技術を競う世界大会の「IPCはんだ付・リワークワールドチャンピオンシップ2019」において、日本代表の松並亮輔氏(滋賀県守山市、株式会社ピーダブルビー)が、史上初となる満点で優勝をはたした。

 競技は75分の制限時間内で、はんだごてを使用し、プリント配線板に取り付けられた部品を外す、リワーク作業、新しい部品を取り付ける、はんだ付け作業の2工程を行なうもので、その出来映えを競う。審査は電子組立品の品質国際標準である、IPC-A-610、J-STD-001、IPC-7711/21ので判定され、採点はIPC認定のマスターインストラクターが行なう。手順や安全性への配慮など、作業の様子を含めて634点満点となる。

松並氏は2015年以来3年振りに開催された昨年(2018年)の日本地区大会で優勝し、日本代表選手に選ばれた。これまで日本人選手は2014年度の世界大会第2位が過去最高の記録となっていた。

 松並氏は「今までコツコツと積み上げて来たことが世界的に認められてうれしく思います。これからも技術を磨き続け、若い世代や人々へ夢を与える仕事ができればと思います」とコメント。

 また、IPCのPhilip S. Carmichael氏は「電子・電気機器の信頼性は、実装工程が重要であり、はんだ付けはそのなかでももっとも重要な基礎技術の1つである。今回の松並氏の功績は、もの作りが複雑化している今日のグローバルなエレクトロニクス市場において、今でも日本が品質における世界的なリーダーであることを示す確固たる証拠であろう」と栄誉をたたえた。

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1168227.html

http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1549467149/


続きを読む
Source: コノユビ ニュース
【ニッポンの誉れ】はんだ付け世界大会で日本人選手がパーフェクトスコアで優勝